NHKのラジオ講座や海外ドラマを中心に英語の学習をします。最近は、TOEICスコアアップの取り組みが多くなっています。ついにタイトルのTOEIC900点を達成!!
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/07/13(月)18:21
よくある英検1級英作文対策で書かれているコツは

①キーワード3つを正しく使う
②イントロ ボディ 結論の3パラグラフ以上にまとめる
③200語前後の長さ
④文法ミスをなくす
⑤文やパラフラフの繋がり&論理展開を正しく書く

だいたい、こんな感じです。
①〜④は、すぐ理解できます。

⑤は、私が英作文対策を始めた頃に、「繋がり」って?? 論理展開が正しいってどういうこと??と、そこからのスタートでした。
これ、まだこう!って確信にまでは至っていない悩ましいポイントなんですが、現時点で自分が理解していることをまとめておきます。
知っている人には、当たり前。そんなの大前提ってポイントですが、私のように実は知らなかった!という人が結構いるような気がします。それなりに大学受験で英語を勉強してきても、触れずにきている可能性大です。

絶対的なルールではないと思いますが、こうした方がそれなりに点数を稼げると思っています。

英語の文章のルール


①言いたいこと(主張)は先に書く
・新聞で1パラグラフに主張がきている。ここさえ読めば書き手の言いたいことはわかる。と言われる理由ですよね。

エッセイではどうするか?
→トピックのキーワードを1文目で使う。



②抽象的→具体的に説明していく
・理由はよくわかりませんが、そういう決まりになっている。出だしで具体的なことを書くよりも、興味が湧くから?

エッセイではどうするか?
→トピックのキーワードを1文目に理由として挙げる。

この前のクローン技術についてのエッセイだと、理由1の1文目で

The most important reason is related with ethics.

とりあえず、倫理と関係あるよ〜と言っておく。その後に、どういう問題があるのか?を具体的に説明していく。ここで、具体的にどういうことが考えられるか?実際に起きているか?今後起きる可能性があるか?などを書く。



③繋がりを意識する
・英文では、文と文は必ず前後で繋がるように書かれているようです!


A は Bである。Bは、Cで起こる。さらに、Bの結果、Dになる。

と、具体例がうまく挙げれませんが、こういう感じで、1文1文の前後には関連性があるらしいです。

これの例になるかはわかりませんが、クローン技術のエッセイを日本人の先生に添削してもらったときに、指摘されたポイントが、

イントロ部分

It has past approximately 20 years since Jurassic Park has show up. At that time, the story seemed to be unrealistic. Thanks to development of technology, however, it might be possible to see dinosaurs in zoo. This can be interesting. However, cloning research should be halted.

ジュラシックパークの映画から20年経った。当時はあの映画は現実味がなかったけど、技術が発達したから、動物園で恐竜見れちゃうかも。おもしろそうだけど、クローンの研究はやめた方がいいよね。

と、ジュラシックパークの話では、恐竜はクローン技術のおかげで再現されたものです。(確か)で、私の中ではその大前提があったから、わざわざ書かなくてもいいと思っていました。ジュラシックパークとクローン技術の関連性は、当たり前(一般常識的な感じ)なので、ジュラシックパークの恐竜=クローンでした。
でも、実際には、ジュラシックパークの話がきて、次に突然クローンの話に飛んでいるので、は?という文章になっているようです。


Thanks to development of technology, such as cloning

と付け加えるだけで、一気に関連性が明確になります。


・代名詞や指示語、the を使う
既出の単語の言い換えに、同じ単語を何度も繰り返す代わりに、代名詞などを使う。

さっきのクローンに関してだと、クローン技術に触れた後では、クローン技術のことを、the technology などで表現する。
the や this や代名詞を使うと、必然的にその単語は既出のものを指すことになるので、文と文に繋がりができる。

これ、英字新聞を読んでいると、よく出てきています。今までは気づきませんでしたが、そういう視点でみると、「この成功が」とか、「この進歩が」みたいに、一度具体的な単語で説明されているものが、抽象的な単語を使って言われていることが多いです。



この英語のルールは、論理的に英文を読むような練習をしていれば知っていることなんだと思います。
私は、英検を意識してから論理について学習するまでは、知りませんでした。
受験生の頃に、学習していたかもしれません。英検受験するまで意識していなかったということは、重要性を感じていなかった、しかも覚えていないので、学習していないに等しいです。
なので、英語をなんとなく学習してきている人は、私のように知らない人も多いんじゃ??と思います。

この辺は、英語に触れていると慣れで自然と身に付いていることもあるでしょうね。



では、次。

英作文添削で指摘されるポイントから、得点が上がりそうなエッセイのコツ

ここからは、応用編。
必ず必要ではないけど、これを入れると加算されるかも。読み手への印象はよくなると思われることです。

①イントロに時事ネタを入れる!
・英検の場合は、ここ数年の話題になったトピックが多いので、関連ある時事ネタをイントロ冒頭に入れて、読み手の興味を引く。具体例があると、そのネタに興味を持っている(知っている)アピールになる。

Should more be done to protect against natural disaster?

のとき(添削前のエッセイ)には、


In recent years, the world has experienced a series of truly devastating natural disasters that have taken many lives and triggered unprecedented economic losses. These events:earthquake in Japan, Hurricane in the United States, have demonstrated that even the most wealth and well prepared countries can experience large-scale damage and destruction when natural disasters strike.At this point, it is doubtful that the protection against natural hazards is enough.


と、具体的にどこで何が起こったかを入れています。
時事ネタとはちょっとズレるかもしれませんが、まぁ、そのお題に対して身近な話題を入れると、知ってるよ!ニュース読んでその社会問題について考えてるよ!意見あるよ!と、見せびらかせます。
普段の日常生活では、こんなアピールはいりませんが、英検エッセイ&スピーチでは、見せびらかすくらいの気持ちが必要かと思います。


・イントロに時事ネタを盛り込むのは、時間的制約のもとでは結構キツいので、慣れてきて自信のある場合のみ書いた方がよさそうです。ここで時間を使うのは勿体ないので、本番では余裕がある場合以外は、決まったフォーマットで逃げるのが減点されないコツでもあります。

Some say that 反対意見。However, 自分の主張 みたいなヤツです。


②主張をサポートする文には具体例以外に、その結果どういうことが起こるか?考えられるか?を入れる。

・具体例だけでは弱い。


例えば、クローンと倫理の問題で、

The biggest concern is related to ethics. Clone technology in animals can lead to human cloning. Further, this can be used in the field of organ donation. Instead of waiting for donor, they can utilize their own clone. In this case, cloned human beings were generated only for the organ donors. 


「クローン人間が、臓器提供のためだけに製造される=悪」と、自分の中ではわかりきった事実だと思っていたのですが、この「=悪」の部分までしっかりと書かないと、わからない。倫理問題とどう関係があるのかが不明。
この場合、これは倫理的に問題だよね。と一言入れると、パラグラフが締まる。

こういう自分の中で当たり前と思っていることを、飛ばして説明することがよくあり、ここを指摘されます。
言いっぱなしではダメ。しっかりとパラグラフの最後では、だからこうなる。という締めの文を入れることが大事。



③難し目の単語と構文をピンポイントで正しく使う。
・他の英文レベルとのバランスが大事なので、中学英語の中に1級レベルの単語を入れるのも印象よくないそうですが、使える難し目な単語は使う。

これも、この単語知ってるよ!使えるよ!アピールです。
日本語でも同じですが、難しい単語ほどピンポイントで正しく使わないと意味が成り立ちません。
前にも書いたようなゲリラ豪雨とか。

エッセイ添削してもらっていて、フィリピン人&日本人両方の先生がハッとなるのも、こういう難しい単語を正しく使っている文でした。
現時点では、英語サイトや新聞から表現をいただいてきた、いかにもネイティブっぽい文章は、かなりの確立で褒められます。(自分からは生み出せない文なので、日頃の私の書く英文を見ていると、おっ!となるのでしょう)
このネイティブっぽい英語表現は、英字新聞などを読んで拾って学んでいくしかいい方法はなさそうですね。


唯一自作英文が褒められたのは、これ。

Does society give the rights of animals enough consideration?
の結論部分。

For the above mentioned reasons, I never believe that society accepts the doctrine of animal rights. However, a coexistence with all animals and human being in mutual prosperity is crucial in the sustainable society.

動物と人間の共存共栄は、持続可能な社会では大事。


長めの主語と、その表現でしか表せない言い回し(共存共栄)が評価のポイントだと思われます。
この文は、文構造では、SVC とシンプルです。
でも主語が長いので、ちょっと難しく感じます。
長い主語を書けると、少し英語をわかっていると思わせるのかもしれません。
事実、英作文を書き始めた頃(今でも)、長い主語は全く書けませんでした。そもそも主語が長いことは自分の中ではあり得ない感じでした。長い主語も見たことはあるけど、主語と言えば、I とか You でしょ、という感覚です。


他の例が思い浮かびみません。
これは、まだまだ学習中なので、わかってはいるけどそこまでできていないいい例です。




以上です。


とりあえず、現時点で自分がよくわからないまま英作文を書き始めて、書きながらなんとなくわかってきたことで、覚えているものを挙げておきました。
他にもまだまだあるだろうし、これが絶対でもなければ、こんなの当たり前って思うこともあるでしょう。
でも、自分はこういうことを知らず、これを知ったときに、英文が少しわかった気になったので、きっとどなたかのお役に立つかもしれないと書いてみました。



エッセイを書く以外にも、読むときにも上のポイントを意識して読むと、読み方が変わるかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いや〜、昨日の記事も良かったですが、今日の記事も分かり易くまとめられてて改めて整理できました。ありがとうございます。
人の表現は本当に勉強になります。同じテーマで書いてるから余計そう思いました。
2015/07/14(火) 00:22 | URL | HIroshi #-[ 編集]
HIroshiさん
少しでもお役に立ちましたか!まさか、Hiroshiさんのお役に立てるとは思っていませんでしたが。。。
本当に同じテーマで作文書いて、しかも同じ立場で同じキーワード使って同じ理由と具体例を挙げても、全然言い回しが違ったりするので、人の作文は学ぶところが多いですよね。
模範解答は、真似するにはほど遠いですし、ギリギリ合格狙うくらいの人の作文をもっともっと見てみたいと思います。あまり公表している人がいないので、なかなか難しそうですが。

私も、もっともっとしっかりと理解して、これだけ抑えたら大丈夫!と言えるくらいまで、学びたいと思います。
Hiroshiさんを見習って、コツコツ学習していきます!
2015/07/14(火) 21:36 | URL | プケコッコ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pukeko467.blog89.fc2.com/tb.php/1198-6fad67ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プロフィール

プケコッコ

Author:プケコッコ
いつかは、英語ペラペラになる!!と決意して早くも十数年。
26歳のときには、NZにワーキングホリービザを利用し、一年滞在。
それでも、英語をペラペラ話すことはできず。。。、
このままではいつまでたっても、コンプレックスのまま!と決意し、再び真剣に英語のトレーニングを始めます。

毎日英語のトレーニングをして、英検1級合格と、TOEIC900点超えを目指します。
ワーホリから9年。34歳になった今でも、まだまだ英語学習トレーニング中です。
トミープロジェクト1期生。参加中の取り組みの様子は、トミープロジェクト(スコアアップチャレンジ!)に書いています。820→900になりました!
その後900点の壁を打破できず、奮闘中。→1年3ヶ月の格闘後ようやく突破!!

☆英語学習履歴☆
英検:準1級合格。(2013/11)
TOEIC
L 345 R315 T660 (2008/10/26)
L 415 R330 T745 (2009/01/11)
L 430 R350 T780 (2012/06/24)
L 445 R365 T810 (2012/10/21)
L 435 R385 T820 (2013/01/13)
L 480 R420 T900 (2013/03/17)
L 475 R420 T895 (2013/06/23)
L 495 R380 T875 (2013/12/08)
L 450 R430 T880 (2014/03/16)
L 495 R450 T945 (2014/06/22)☆自己ベスト
L 440 R460 T900(2014/09/28)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
元気になる映画


プラダを着た悪魔DVD
☆☆☆☆☆



プラダを着た悪魔のスクリプト
☆☆☆☆☆



そんな彼なら捨てちゃえば
☆☆☆☆


キューティ・ブロンド
☆☆☆


キューティ・ブロンド2
☆☆☆

英語学習仲間のブログなど
検索フォーム

twitter

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
おススメTOEIC本
いつでもリスニング。

リミテッドエディション クワイアットコンフォート15

電車の中でもスッキリ音が聞き取れる☆

海外ドラマ(英語学習用)おススメ。


デスパレートな妻たち☆☆☆☆☆
個性豊かな登場人物それぞれの言い回しが学べる。
フレンズ☆☆☆☆☆
圧倒的なおもしろさ。1話30分程なので、繰り返し学習に最適。
ゴシップガール☆☆☆☆
若者の早い英語に慣れるため。超セレブな女子高生たちの話なので、合わない人もいるかも。

☆毎日コツコツ英字新聞☆
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

毎日の励みになります。応援クリックお願いします♪

英語雑誌の定期購読はおススメ。

Reader’s Digest やThe Economist等多読に最適な雑誌がいっぱい。

FC2カウンター

フリーエリア
受講中のオンライン英会話スクール
 | TOEIC900点・英検1級への道TOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。